自由診療専門の歯科医院
口臭治療
顕微鏡治療
マウスピース矯正
ミラクルデンチャー(インプラント代替義歯)
市野歯科へのアクセス ▼ メニューへ戻る▲

治療内容

顕微鏡治療 歯科ドック 口腔リハビリテーション 歯周病治療 口臭治療 ミラクルデンチャー 部分矯正(成人の矯正)

顕微鏡治療(虫歯の治療)

「見えないものは治せない」

暗く狭い口の中で細かい作業を行うのに歯科用の顕微鏡は欠かせません。 虫歯の治療は、 患部を確実に封鎖する ことが重要です。 封鎖が不十分だったり、何らかの原因で封鎖が破れ、小さなスキマが出来ると 、 虫歯は時間をかけて再発し、より深部へと進行していくからです。 当院ではこの封鎖を、 あたかも儀式でも行うかの如く一つ一つの手順を踏みつつ慎重に確実に行っています

  • 歯についている見えない細菌のコロニー、タンパク質を除去、歯をゴムのシートで保護し 絶対に唾液に触れないようにする。
  • 虫歯になっているは歯の外側の殻を削って開ける。開ける際は確実に封鎖が行えるような閉じた形態にする。
  • 虫歯を除去していく、削り過ぎないよう顕微鏡用の小さなスプーンのような器具を使って除去していく。
  • 神経に感染が及ばないような保護剤をおく。 神経が露出した場合は、神経が感染して壊死している部分を除去する。止血し神経の保護剤を置く。
  • 虫歯の封鎖処置に入る。虫歯を取る為に開けた穴の全周を酸処理し、表面の接着力を高める。
  • 虫歯内部に接着剤を塗る、外側の殻の部分と内部は処理の仕方が違うので顕微鏡を使ってハミ出さずに行う。
  • 強化プラスチックを少しずつ流し込み光で固め、徐々に穴を埋めていく。 一気に埋めてしまうと、プラスチックが過剰に収縮し、 見えないヒビ割れができたり封鎖が剥がれてしまうことがある。
  • 形を修正し、研磨する
  • しかしながら、何で虫歯になったのかが解らない限り、残された歯質は常に虫歯のリスクにさらされています。 そこには食生活習慣、個人の唾液の状態や、噛み合わせの状態が深く関係しており、 本当の治療はこれらを除去することです。 そうすることによって初めて虫歯の治療が完了すると言えます。

    歯科ドック (治療前に行う全体的な検査)

    一生懸命歯磨きをしているのに虫歯になってしまった 経験はありませんか?

    近年では虫歯は、ただ磨けば良いのではなく、食生活や口腔ケアの仕方による口腔内のPHの変化が大きく関係するといわれており、 唾液の状態がその予防に大きく関連しています。 また、口を閉じる筋肉の力は非常に強く、 わずかな噛み合わせの不調和によっても 歯が細かいヒビ割れをおこすので、 それも虫歯のきっかけになります。

    痛みや緊急を要する場合は別ですが、 いきなり手を付ける前に、 一本一本の歯の状態を詳しく調べることは 治療を成功させるために 大変重要な事です。 また、顎の中に発生する病気や、口腔ガンを見逃さないのも、歯科医の責務です。 こうした理由から、治療前の全体的な検査は必須であると考えております。

    検査結果を分析した結果を資料にして、 患者さんと一緒に確認していきます。 そうすることで、ご自身では意識していなかった問題点やリスクに 気付いて行くことになります。 実はそれが、口腔の健康を保つことにもつながるのです。

    口腔リハビリテーション (治療を開始する際に行います。)

    口を閉じる筋肉の緊張を取り、歯に過剰な負担が加わるのを防止します。 口を閉じる筋肉の力は非常に強く、最大で自分の体重ぐらいの力がかかると言われています。 また、「歯は筋肉に負ける」と言われており、 噛み合わせの僅かな不調和は、将来的に 被せ物や詰め物の外れ、壊れ、歯のヒビ割れ、となって現れ、 虫歯の拡大の原因となったり、抜歯の原因となっていきます。 そのような歯科的な症状に留まらず、筋性の偏頭痛や、舌の位置との関連から、 呼吸や、免疫系の不調に関わる症状とも関連があると言われています。 治療前にはなんとも感じていなかったとしても、 後でなんとなく顎がラクになったと感じる治療です。

    歯周病治療

    歯の周囲の感染を取り除き、歯の延命をはかります。当院で行っている歯周病治療はスウェーデンスタイルです。特徴は簡単に言って以下のようなものです。

    Guided Biofilm Therapy

    当院では、スイスEMS社製エアフローシステムを使用して、歯周病の治療を行ないます。 特徴は、 歯周病の原因となる感染性バイオフィルム(歯垢)を染め出しして、見える化し、 確実に除去する ということです。 エアフローは、エリスリトールという水溶性のパウダーを、 歯に吹き付けてバイオフィルムを確実に除去する機械です。 以下の動画は左に従来(TRADITIONAL)なバイオフィルム除去、 右側がエアフロー(AIRFLOW)を使用したバイオフィルム除去を比較したものです。

    エアフローを使用したほう(右側)が、歯を傷つけるリスク無く、 安全に確実に除去可能なのがわかります。 しかもずっと早いのです!

    このエアフローシステムを使用して、 確実に歯周病治療の成果をあげる為の 世界共通のプロトコル(規約)を、 GBT(Guided Biofilm Therapy)と言います。 市野歯科では、 このGBTに従って、歯周病治療に取り組んでおります。

    口臭治療

    クリーニングでは改善しない口臭を扱っています

    潜在的な口臭を検出します。

    口臭で悩まれている多くの方は、 生理的口臭という、 1日の行動に従って出たり出なかったりする口臭が原因です。

    常に臭いが出ているわけではないので、 口臭があると訴えられて測定してみても、 検出されないことが多いのです。 もちろん問題ないわけではありません。

    そこで、当院では、 口臭ガスを作り出すバクテリアの、 活性状態を検出する装置(アテイン)を導入しました。

    これによって、 現在口臭が出ている、出ていないに左右されずに、 口臭の本体を確実に捉える ことが可能になりました。

    また、代表的な生理的口臭としては、以下のようなものが挙げられます。

    さらには、食生活や歯磨きのし過ぎなどの生活習慣も深く関わっております。 例えば、ある個人の口臭の発生パターンを図示すると以下のようになり、 個人によって口臭発生のメカニズムは多様に異なるのです。

    当院では、お一人お一人の悩みの原因となる口臭が、 どのように発生しているのか、 そしてどうすれば良いのか、指導することを重視しています。

    在日外国人の7割が「日本人の口臭にがっかりした経験」がある といわれており、 キスやハグの習慣がない日本人同士では感じなくても、 一定の口臭があるようです。

    当院では、二酸化塩素製剤を使用した、 臭い物質の長時間の安定化 や、 プロバイオティクスタブレットによる 善玉菌の移植 など、 最新の口臭治療に取り組んでおり、 日本人同士が気にならないレベルを超えた 完全な無臭化を行っております。

    ミラクルデンチャー(義歯治療)

    噛めることを重視した義歯です。 装着感が良く、つけているのが気にならない! バネが目立たない!

    以下はミラクルデンチャーによる治療例です。 通常の義歯と比較してバネの部分が小さく、 無駄のない設計です。

    ミラクルデンチャーは インプラントが苦手な方にもおすすめできる義歯です。 また、 持参して頂いた義歯の改善改良も行なっております。
    お気軽にお問い合わせください。

    成人の矯正

    当院では、歯の健康を長く保つ目的で、噛み合わせを改善する矯正治療を行っております 。

    歯並びのガタつきは、見た目や、清掃性の悪さに留まらない、健康上のデメリットがあります。

    顎を閉じる筋肉の過剰な緊張を引き起こし、 歯にダメージが加わりやすくなるのです。

    現在の歯並びがどうであれ、歯は、 外側からの口唇や頬の筋肉の筋肉 、そして、 内側からの舌の筋肉によって、 釣り合ったスペースに並ぼうとします。

    ですので、現在ある歯の位置はなるべく動かさずに、ガタつきのみを修正していくのが あるべき矯正のやり方であると考えております。

    歯のガタつきは、歯のサイズ(横幅)が、 外側からと内側からの筋肉によって挟まれたスペースの長さよりも大きい場合にが生じます。 その場合は、大事な歯を抜歯するのではなく、歯の横幅を研磨することによって調整してゆきます。